ハンドボール初心者のための入門ガイドTop >  基本技術と用語説明 >  シュートを学ぶ

シュートを学ぶ

ハンドボールのシュート基本的なシュートには、「ジャンプシュート」、「ステップシュート」、「倒れこみシュート」があります。ジャンプシュートは、フェイントにも使用できるシュートのため、良く使用されます。


ジャンプシュート

多くの攻めで使用されるシュートです。ジャンプして、高い位置からシュートを放ちます。走るタイミングとジャンプが重要です。シュートを打つときは、手首のスナップを使用しましょう。ジャンプシュートからフックパスでフェイントも使える1つのテクニックです。


ステップシュート

パスを受けてから早い動きで相手をかわし、シュートコースを作り、シュートを放ちます。シュートコースが作れなかった場合は、パスまたは、ドリブルに切り替えられるので、柔軟な動作が行えるシュート方法です。

クロスステップに合わせて、体を横に向けながら体重移動して、シュートすると良いです。


倒れ込みシュート

プロンジョンシュートともいいます。ゴールエリアに飛び込み、倒れながらシュートを放ちます。ゴールキーパーが前に出てきたら、ループシュートを打ちましょう。このシュートは、角度のないところからのシュートに効果的です。

基本技術と用語説明

基本技術のパス、シュートとゴールキーパーの動きなどについてです。基本技術を学ぶことにより、ゲームが楽しくなってくると思います。

関連エントリー

パスを学ぶ  シュートを学ぶ  高度なシュートを学ぶ  ゴールキーパーの技術  審判の合図 


ルール
プレーの方法
基本技術と用語説明
動画で学ぶトレーニング方法
オリンピック
リンク集
サイト情報
スポンサードリンク